2017年2月24日金曜日

大使館らのお知らせ(カラチにおけるテロ脅威情報)

在留邦人の皆様へ
平成29年2月23日
在パキスタン日本国大使館

大使館からのお知らせ

 在カラチ日本国総領事館より,以下のとおり「総領事館からのお知らせ」が発出されましたので,お知らせ致します。

~・~・ 以下、カラチ総領事館からのお知らせ ~・~・

2月23日、シンド州内務省から、テロリストがカラチ市内の施設を標的としたテロ攻撃を計画している旨の脅威情報が発出されましたので、十分注意してください。

パキスタンに滞在される皆様へ
在カラチ日本国総領事館

1 最近、パキスタン国内各地でテロ事件が多発しているところ、このたびカラチ総領事館は、テロリストが、カラチ市内のシンド州高等裁判所、シンド州議会、エンプレス・マーケット、ザイナブ・マーケット、M.A.ジンナー・ロードのマーケット、ドー・ダリヤーのレストラン等を対象としたテロ攻撃を計画しているとの情報を入手しました(別添地図参照)。

2 また、2月13日には、パンジャブ州ラホール市で自爆テロ事件、16日には、シンド州ダドゥ郡の聖者廟で自爆テロ事件、さらに23日は、再びラホール市で爆弾テロ事件が発生していることから、パキスタン国内のいずれの地域でも、同様のテロ事件が発生することが、十分考えられます。

3 つきましては、これまでの各種注意喚起でもお知らせしていますが、パキスタンに滞在される皆様におかれましては、上記場所の訪問を控えていただくとともに、以下の注意事項を参考に、ご自身及びご家族の安全に十分配慮した行動を心がけていただきますようお願いします。

4 特に、宗教行事開催場所等、不特定多数が集まる場所は、事件に巻き込まれる危険性が高まると考えられます。よって、そのような場所への立ち寄りは可能な限り控えていただき、やむを得ず立ち寄る必要がある場合には、以下の内容を参考に、滞在時間を極力短くし、不審な点を感じた場合には、その場から離れるようお願いします。
(1)パキスタンの各種報道等より、最新の安全情報を入手し、安全な行動を心がける。
(2)攻撃の標的となりやすい場所(モスク等の宗教関連施設(特に金曜日の午後1時~午後3時)、宗教行事開催場所、政府機関、軍・警察等治安当局施設(含む車両、検問所等)、報道機関には近づかない。
(3)その他の場所(アメリカ系等の宿泊施設やファースト・フード店等を含む欧米関連施設、国連関係機関、飲食店や市場等)での用事についても、できるだけ短時間で効率的に行うよう心がけ、常に周囲の状況に注意を払う。
(4)移動途中等に集会等に遭遇した場合には、速やかにその場から離れる。

5 なお、上記注意点以外にも、パキスタンに安全に滞在するために参考となる情報が以下のウェブサイトに掲載されていますので、そちらも併せてご確認ください。また、当館の連絡先についても、併せてご確認願います。
○ 当館ウェブサイト
○ 外務省海外安全情報ウェブサイト(パキスタン)
○ 連絡先
  在カラチ日本国総領事館 電話(+92-21)3522-0800
○ 在留届(3ヶ月以上滞在される方)
○ 外務省海外旅行登録「たびレジ」(3ヶ月未満の渡航の方)

在カラチ日本国総領事館
**************************************
Consulate-General of JAPAN
6/2 Civil Lines, Abdullah Haroon Road,
Karachi, 75530, Pakistan
FAX:(92-21)3522-0820
E-mail:japan.consulate.karachi@kr.mofa.go.jp

************************************** 


2017年2月23日木曜日

~大使館からのお知らせ~ (ラホール市内で発生した爆発事件に関する注意喚起)

在留邦人の皆様へ
平成29年2月23日
在パキスタン日本国大使館

~大使館からのお知らせ~
(ラホール市内で発生した爆発事件に関する注意喚起)

1.2月23日(木)正午頃、ラホール市内ディフェンス地区(Defense Area, Lahore:別添地図ご参照)において、爆発事件が発生し、これまでのところ8名が死亡、20名以上が負傷との報道があります。当地関係当局からの確認情報によりますと、これまでのところ邦人を含めた外国人被害は確認されていないとのことです。

2.ラホールでは2月13日にも市内チャーリングクロスで自爆テロ事件が発生しており、その他のパキスタン国内各地においても、今月に入り複数のテロ事件が発生しています。

3.つきましては、これまでの各種注意喚起でもお知らせしておりますが、在留邦人の皆様におかれましては、以下の注意事項を参考に、ご自身及びご家族の安全に十分配慮した行動を心掛けていただきますようお願いします。また、ラホール以外の地域についても、特に、不特定多数が集まる場所は、事件に巻き込まれるリスクが高まることから、そのような場所への不要不急の立入りについては出来るだけ控えていただき、やむを得ず立ち入る必要がある場合には、以下の内容を参考に、滞在時間を極力最小限とし、不審な点を感じた場合には直ちにその場から離れるようお願いします。
(1)当地の各種報道等より最新の安全情報を入手するようにし、安全な行動を心掛ける。
(2)抗議活動や集会が行われている場所には、決して近づかない。
(3)移動途中等に集会等に遭遇した場合には、速やかにその場から離れる。
(4)攻撃の標的となりやすい場所(政府機関、軍・警察等治安当局施設(含む車両)、検問所、宗教関連施設、宗教行事開催場所、報道機関等)には出来るだけ近づかないようにし、その他の場所(有名ホテルやファースト・フード店を含む欧米関連施設、レストランやマーケット等)での用事についても、短時間で効率的に行なうように心掛け、常に周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知した場合には、速やかにその場から離れるようにする。

4.なお、上記注意点以外にも、当地で安全に滞在するための参考となる情報が以下のウェブサイトに掲載されておりますので、そちらもあわせてご確認下さい。

○ 当館ウェブサイト:
○ 外務省海外安全情報ウェブサイト(パキスタン):
○ 大使館への緊急時の連絡先
平日の日中:051-9072500
平日の夜間及び休日:021-3520-2899

○ 在留届(3か月以上滞在される方)
○ 外務省海外旅行登録「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)



2017年2月14日火曜日

~大使館からのお知らせ~ (ラホール市内で発生した爆発事件に関する注意喚起)

在留邦人の皆様へ
平成29年2月14日
在パキスタン日本国大使館

~大使館からのお知らせ~
(ラホール市内で発生した爆発事件に関する注意喚起)

1.2月13日午後6時頃、ラホール市内中心部モール・ロード沿いのチャーリングクロス(Charing Cross, Mall Road, Lahore:別添地図ご参照)において、自爆テロ事件が発生しまし、13名が死亡、80名以上が負傷との報道があります。当地関係当局からの確認情報によりますと、これまでのところ邦人を含めた外国人被害は確認されていないとのことです。

2.本件は、事件発生場所で実施されていた抗議活動の最中に発生しております。また、テロ組織からの犯行声明も出されております。

3.つきましては、これまでの各種注意喚起でもお知らせしておりますが、在留邦人の皆様におかれましては、以下の注意事項を参考に、ご自身及びご家族の安全に十分配慮した行動を心掛けていただきますようお願いします。また、ラホール以外の地域についても、特に、不特定多数が集まる場所は、事件に巻き込まれるリスクが高まることから、そのような場所への不要不急の立入りについては出来るだけ控えていただき、やむを得ず立ち入る必要がある場合には、以下の内容を参考に、滞在時間を極力最小限とし、不審な点を感じた場合には直ちにその場から離れるようお願いします。
(1)当地の各種報道等より最新の安全情報を入手するようにし、安全な行動を心掛ける。
(2)抗議活動や集会が行われている場所には、決して近づかない。
(3)移動途中等に集会等に遭遇した場合には、速やかにその場から離れる。
(4)攻撃の標的となりやすい場所(政府機関、軍・警察等治安当局施設(含む車両)、検問所、宗教関連施設、宗教行事開催場所、報道機関等)には出来るだけ近づかないようにし、その他の場所(有名ホテルやファースト・フード店を含む欧米関連施設、レストランやマーケット等)での用事についても、短時間で効率的に行なうように心掛け、常に周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知した場合には、速やかにその場から離れるようにする。

4.なお、上記注意点以外にも、当地で安全に滞在するための参考となる情報が以下のウェブサイトに掲載されておりますので、そちらもあわせてご確認下さい。

○ 当館ウェブサイト:
○ 外務省海外安全情報ウェブサイト(パキスタン):
○ 大使館への緊急時の連絡先
平日の日中:051-9072500
平日の夜間及び休日:021-3520-2899

○ 在留届(3か月以上滞在される方)
○ 外務省海外旅行登録「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)




2016年12月28日水曜日

~大使館からのお知らせ~ (当館電話回線の入れ替え作業に伴う緊急連絡先について)

在留邦人の皆様へ
平成28年12月28日
在パキスタン日本国大使館

~大使館からのお知らせ~
(当館電話回線の入れ替え作業に伴う緊急連絡先について)

現在当大使館において電話回線の入れ替え作業を実施しており、明29日(水)の一部時間帯で外部からの電話がつながらなくなる時間帯があります。つきましては、邦人の皆様の人命にかかわるような重大事件・事故等が発生した場合において、当大使館の代表電話がつながらない場合には、下記電話番号へ連絡頂きますようお願いいたします。
在留邦人の皆様にはご不便をおかけいたしますが、何とぞよろしくお願いいたします。
 
 (電話番号)
  パキスタン国内から電話をかける場合:021-35202899

  パキスタン国外から電話をかける場合:+92-21-35202899

2016年12月27日火曜日

~大使館からのお知らせ~ (平成29年当大使館の休館日について)

在留邦人の皆様へ
平成28年12月26日
在パキスタン日本国大使館

~大使館からのお知らせ~
(平成29年当大使館の休館日について)

当大使館の平成29年休館予定日を以下のとおりお知らせします。
なお、以下の休館日のうち「*」のある予定日については、月の見え方によりずれる場合があり、その結果、当大使館休館日を変更する可能性がありますので、予めご理解・ご了承をお願いします。

平成29年休館日

週休日(土曜日、日曜日)
開館時間 08:30-17:15
領事業務窓口開館時間
09:00-12:30/13:30-16:30

1月 2日(月) 年始休暇
1月 3日(火) 年始休暇
3月23日(木) Pakistan Day
5月 1日(月) Labour Day
6月27日(火) Eid-ul-Fitr *
6月28日(水) Eid-ul-Fitr *
6月29日(木) Eid-ul-Fitr *
8月14日(月) Independence Day
9月 1日(金) Eid-ul-Azha *
10月 2日(月) Ashura *
11月 3日(金) 文化の日
12月 4日(月) Eid Milad-un-Nabi *
12月25日(月) Quaid-e-Azam Day/Christmas
12月29日(金) 年末休暇


*:月の見え方により、日程が前後する可能性があります。

~大使館からのお知らせ~ (広域情報:年末年始のテロに対する注意喚起と「たびレジ」登録のお願い)

平成28年12月21日
在パキスタン日本国大使館
在留邦人の皆様へ

~大使館からのお知らせ~
(広域情報:年末年始のテロに対する注意喚起と「たびレジ」登録のお願い)

 今般、外務省より、年末年始のテロに対する注意喚起と「たびレジ」登録のお願い
に関する、「海外安全情報(広域情報)」が以下のとおり発出されましたのでお知らせいたします。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・


2016.12.21

~海外安全情報(広域情報)~

(件名)
年末年始のテロに対する注意喚起と「たびレジ」登録のお願い

(内容)
【本文】
1.テロに対する注意が必要です。
年末年始のイベント等を狙ったテロが懸念されます。12月20日には,ドイツのベルリンでクリスマスマーケットに大型トラックが突入し,多数の死傷者が出ています。

2.以下のテロ対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努め,「日本ではない」ということを忘れず注意を怠らない。
(2)テロの標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払う。
  (※)クリスマス等のイベント会場,観光施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等

3.在留届の提出や「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届を,3ヶ月未満の場合は「たびレジ」に登録してください。(たびレジの登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができます。
家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

4.外務省のテロ対策パンフレットをお読みください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)29022903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139 
○外務省 海外安全ホームページ:

2016年12月13日火曜日

~大使館からのお知らせ~ (年末年始の安全対策について)

在留邦人の皆様へ
平成28年12月13日
在パキスタン日本国大使館

~大使館からのお知らせ~
(年末年始の安全対策について)

 本年も12月となり、多くの方が年末年始に一時帰国や旅行等でご自宅を留守にする機会があるかと思いまが、反面、そのような留守宅をターゲットにした「空き巣狙い」に遭う危険性も高くなります。また、これまでの累次のお知らせでもご案内しているとおり、当地でのテロ攻撃発生の可能性は依然あるので、この点につきましても引き続き注意が必要となります。
 つきましては、在留邦人の皆様におかれましては、以下の注意点に参考にしていただき、留守宅及び当地での安全対策の確認を今一度お願いいたします。

1.住宅防犯対策
(1)留守時はもちろんのこと、在宅時であっても必ず施錠する。
(2)特に就寝前には、玄関、勝手口、窓等が施錠されているか確認する。
(3)来訪者がきた場合、門・ドアを開ける前に必ず相手の身分事項を確認する。警備員がいる場合には、独自の判断で門扉を開けないよう指導する。
(4)使用人を雇用している場合、いかなる理由があっても、雇用主の許可なく第三者を勝手に住居内に立ち入らせないよう指導する。
(5)住居の鍵の管理及び施錠の確認は自分自身で行い、やむを得ず住居の鍵を使用人に預ける場合には、必要最小限とする。
(6)貴重品は施錠できる場所に保管する。
 ()不幸にして強盗に遭った場合には、身の安全を第一に考え、決して抵抗しない。

2.一般犯罪対策
(1)夜間や早朝の外出は出来るだけ避ける。外出する場合は近い距離であっても車を利用し、短時間で効率的に、用事をすませるよう心掛ける。
(2)人の多く集まる場所(マーケット等)では、貴重品はズボンのポケットなどの盗まれやすいところには保管しないようにし、携行品は出来るだけ手から離さず、やむを得ず手を離すような場合は出来るだけ体に密着するようにする。
(3)車を駐車する場合は、警備員のいる駐車場を極力利用するとともに、車の乗降時は周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知した場合には、速やかにその場から離れる。車に乗り込んでいる間は必ずドアロックをして、すべての窓を閉める。

3.テロ事件等に関する注意点
(1)当地の各種報道等より最新の安全情報を入手するようにし、安全な行動を心掛ける。
(2)宗教行事や集会が行われている場所には、決して近づかない。
(3)移動途中等に集会等に遭遇した場合には、速やかにその場から離れる。
(4)攻撃の標的となりやすい場所(報道機関、宗教関連施設、宗教行事開催場所、政府機関、軍・警察等治安当局施設(含む車両、検問所等)には出来るだけ近づかないようにし、その他の場所(有名ホテルやファースト・フード店を含む欧米関連施設、レストランやマーケット等)での用事についても、短時間で効率的に行なうように心掛け、常に周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知した場合には、速やかにその場から離れるようにする。

4.なお、上記注意点以外にも、当地で安全に滞在するための参考となる情報が以下のウェブサイトに掲載されておりますので、そちらもあわせてご確認下さい。また、海外での長期滞在時の「在留届」及び短期滞在時の「たびレジ」の登録も以下のウェブサイトから行えますので、必要に応じて是非ご利用下さい。

○ 当館ウェブサイト:
○ 外務省海外安全情報ウェブサイト(パキスタン):
○ 大使館への緊急時の連絡先
平日の日中:051-9072500
平日の夜間及び休日:021-3520-2899

○ 在留届(3か月以上滞在される方)
○ 外務省海外旅行登録「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)